S&P 500、ダウ、ナスダックは最終的に投資家が企業収益と金利期待に集中するため



遊ぶ


株式はウォール街で上昇し、堅調な収益は、米国の感謝祭の休日を前に、小売業者のミックスを押し上げました。


ダウ平均は 397.82 ポイント(1.18%)高の 34,098.10 で取引を終えました。S&P 500 は 1.36% 上昇して 4,003.58 で引け、9 月以来初めて 4,000 レベルを上回りました。Nasdaq Composite も 1.36% 高の 11,174.41 でした。


金融およびテクノロジー企業が勢いを増しました。エネルギー株は原油価格とともに上昇した。国債利回りは下落した。


Best Buy は、予想を上回る業績と見通しで急上昇しました。

企業収益

投資家が今週レビューするニュースはほとんどありませんが、いくつかの小売業者やテクノロジー企業は、財務結果で企業収益の最新ラウンドを締めくくっています. Best Buy はアナリストの予想を上回り、今年の売上高の落ち込みは以前の予測ほど悪くはないと述べた後、急騰した。


Dell Technologies は、コンピュータ メーカーが第 3 四半期の堅調な利益と収益を報告した後、5.9% 上昇しました。Zoom Video は、投資家に弱い利益と収益の予測を与えた後、5.2% 下落しました。


いくつかの小売業者は、堅調な財務結果を受けて特に大きな利益を上げました。Abercrombie & Fitch は 19.9% 急上昇し、American Eagle は 17% 急上昇しました。

連邦準備制度の希望

Inflation and the Federal Reserve’s fight to tame it remains the main concern for Wall Street. The central bank on Wednesday will release minutes from its latest policy meeting, potentially giving investors more insight into its decision-making process.


Wall Street has been hoping that the central bank might ease up on its aggressive rate increases. Its benchmark rate currently stands at 3.75% to 4%, up from close to zero in March.


The Fed has warned that it may have to ultimately raise rates to previously unanticipated level to cool the hottest inflation in decades. That strategy raises the risk that it could go too far in slowing economic growth and bring on a recession.


Fed slowdown?: Fed makes another rate hike but hints at a pullback


インフレの減速: CPI レポート: インフレは 10 月に緩和しますが、消費者はあまり安心しません。理由は次のとおりです。

景気後退への懸念は長引く

景気後退への懸念は、世界経済と市場に影響を及ぼし続けています。


パリに本拠を置く経済協力開発機構は、今年は世界的に緩やかな経済成長が見込まれ、2023 年にはさらに緩やかな成長になると予測しています。中国でのCOVID-19症例の再燃は、世界第2位の経済とグローバルサプライチェーンを脅かし続けています。


「2023 年には、痛みは軽減されるものの、利益は得られないと予想しています」と、ゴールドマン サックスは新年に向けたレポートで述べています。


投資銀行は、インフレと高金利が企業収益を本質的に横ばいにし、2023年の終わりにS&P 500が現在約4,000ポイントにあるため、より広範な株式市場を現在の水準に保つと予想しています。


Source: https://www.usatoday.com/story/money/business/2022/11/22/s-p-500-dow-nasdaq-earnings-slower-rate-hike-hope/10758790002/

コメントする