子供たちはDiscordでマルウェアを売ってポケットマネーを稼いでいます



  • ニュース

  • コンピューティング


  • IDの盗難
    (画像クレジット:Future)

    未成年者のグループが、Discordでさまざまなマルウェアランサムウェア株を構築、宣伝、販売し、その過程で自分たちのためにポケットマネーを稼いでいるのが発見されました。


    アバストのサイバーセキュリティ専門家は最近、ハッカーのグループがLunar、Snatch、Riftなどのマルウェアファミリの構築、アップグレード、販売について話し合ったDiscordサーバーを発見しました。


    話し合いを詳しく調べた結果、研究者たちは、両親や教師に言及し続け、年齢に関連したさまざまな侮辱を互いに投げかけたため、グループはほとんど未成年者で構成されていると結論付けました。


    グループに参加し、基本的にサービスとしてのマルウェアのユーザーになるには、5ユーロから25ユーロの範囲の料金を支払う必要があります。アバストによると、このようなグループにアクセスするために最大100のアカウントが支払われています。

    トリックと欺瞞

    問題のグループは、パスワードを盗む機能、インフォスティーラー、攻撃者のためにさまざまな暗号通貨をマイニングできるマルウェア、場合によってはランサムウェア攻撃を実行するマルウェアなど、さまざまな種類のマルウェアを構築して交換します。


    マルウェアの配布に関しては、プロセスは多かれ少なかれ通常であり、少しひねりがあります。詐欺師はYouTubeビデオを作成し、商用ソフトウェアまたは人気のあるコンピューターゲームのクラックを示し、説明に偽のクラックのダウンロードリンクを含めます。


    To help build authenticity, other members of the Discord group then add comments to the video, thanking the author for their contribution and “confirming” that the file on the download link is actually legitimate.


    This, Avast claims, is a lot more sinister, compared to the usual practice of using bots to add comments, as it’s almost impossible to detect fraud when genuine accounts support a video.


    Spreading ransomware, infostealers, and other malware might be an illegal, malicious practice, but with this group, in many instances, it’s all perceived as pranking, Avast concluded.




    Seadは、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボを拠点とする経験豊富なフリーランスジャーナリストです。彼はIT(クラウド、IoT、5G、VPN)とサイバーセキュリティ(ランサムウェア、データ侵害、法律と規制)について書いています。彼のキャリアの中で、10年以上にわたって、彼はAlJazeeraBalkansを含む多くのメディアのために書かれました。彼はまた、RepresentCommunicationsのコンテンツ作成に関するいくつかのモジュールを開催しました。



    Source: https://www.techradar.com/sg/news/kids-are-earning-pocket-money-spreading-malware-on-discord

    コメントする